Sejarah KAJI

SEJARAH BERDIRINYA KAJI

Sejarah berdirinya KAJI (Komunitas Alumni Jepang di Indonesia) dilatarbelakangi oleh dinamika yang terjadi di antara para alumnus Jepang yang dimulai dari kumpul-kumpul di “dunia maya” melalui wadah “milis” (mailing list): http://groups.yahoo.com/group/mhs-alumni-ppij/ yang didirikan pada tanggal 17 November 2009. Milis yang mana sejak 21 Maret 2010 telah berganti nama menjadi: http://groups.yahoo.com/group/KAJI-kai
Nama “KAJI” sendiri baru muncul dan terbentuk ketika acara “KOPI DARAT (KOPDAR)” pertama komunitas ini pada tanggal 23 Januari 2010 di Skyline Building Lantai 19 (Kantor JAC INDONESIA) yang dihadiri lebih dari 30 orang peserta dari berbagai alumni universitas di Jepang. Terima kasih yang tak terhingga kepada tuan rumah ibu Mariko Yoshihara Asmara yang telah berkenan menyediakan tempat, sehingga komunitas yang amat sangat dinamis ini dapat terbentuk. 

Setelah melalui berbagai proses, tim ADHOC pun terbentuk, yang tugasnya adalah untuk merumuskan AD/ART KAJI. Dari hasil diskusi tim kecil tersebut, diputuskan agar syarat keanggotaan KAJI diperluas, yakni bukan hanya para alumnus berbagai universitas dan akademi di Jepang, tetapi mencakup juga siapa pun yang memiliki keterkaitan (inter-connect) antara Jepang – Indonesia, termasuk mahasiswa yang masih dalam proses belajar di Jepang, kenshuusei yang pernah training / magang / kerja di Jepang maupun yang masih mengikuti program training di Jepang, begitupula para mahasiswa dan alumni fakultas sastra Jepang di Indonesia. Selain milis, saat ini KAJI telah memiliki website (https://www.kaji.or.id), Facebook Fans Pages (http://www.facebook.com/KAJIers) dan juga Facebook Groups sebagai sarana komunikasi di antara para anggota. Ketika KopDar yang kedua pada tanggal 20 Maret 2010 yang lalu, tercatat anggota KAJI ada 420 orang, baik yang berdomisili di Indonesia, Jepang, Malaysia dan negara lainnya.


Pada tanggal 17 April 2010, pada saat Adhoc Team Meeting, diputuskan nama KAJI dalam Bahasa Jepang yaitu
インドネシア日本同好会 (Indonesia Nihon Doukoukai), diambil dari Pendapat kang Arnold, Maltech-Jepang. Hasil voting di milis tgl 13 April, urutan No. 8. Bahasa Inggrisnya adalah “Indonesia-Japan Alumni Community”…

Per tanggal 16 Oktober 2018, anggota milis KAJI-kai sudah berjumlah 1,968 orang. Mudah-mudahan semua ini dapat memperbaiki networking KAJI menjadi lebih baik dan kuat di masa yang akan datang…

Maju terus KAJI dan Indonesiaku. Mari bersama-sama kita membuat SEJARAH….
Salam Dahsyat Spirit KAJI

Chairman Kaji Sign

KAJI 設立の歴史

Kumpul Kaji

KAJI (Komunitas Alumni Jepang di Indonesia)は、日本に留学し たインドネシア人留学生が母国に帰り、サイバースペースでのメー リングリストによる交流を目的として 2009 年 11 月 17 日に設立さ れ ま し た 。 そ の 時 の メ ー リ ン グ リ ス ト は http://groups.yahoo.com/group/mhs-alumni-ppij/です。 さらに、 2010 年 3 月 21 日、メーリングリストの名前が変更され http://groups.yahoo.com/group/KAJI-kai となりました。

2010 年 1 月 23 日、 第 1 回 KOPI DARAT (KOPDAR) というイベントの際、 JAC(イン ドネシアの事務所)スカイラインビル 19 階において、 KAJI という 名前が新たに浮上し、日 本の大学で学んだ30人以上の卒業生が参加して、 KAJI を形成することができました。吉 原真理子アスマラ様のおかげで会議の場所を提供していただき感謝しています。このように、さまざまなプロセスを経て、小さなチームから、 KAJI の会員条件を拡張する ことを決定しました。 会員は日本の様々な大学やカレッジの卒業生のみならず、日本との 何らかの関係がある人が含まれています。また日本で留学中のインドネシア人留学生、日本
における研修生/インターンシップ/日本で仕事をする人のほか、インドネシアの大学におい て日本学科を学んできた卒業生も含みます。

このように、さまざまなプロセスを経て、小さなチームから、 KAJI の会員条件を拡張する ことを決定しました。 会員は日本の様々な大学やカレッジの卒業生のみならず、日本との 何らかの関係がある人が含まれています。また日本で留学中のインドネシア人留学生、日本 における研修生/インターンシップ/日本で仕事をする人のほか、インドネシアの大学におい て日本学科を学んできた卒業生も含みます。

メーリングリストに加えて、現在 KAJI はホーム・ページ(https://www.kaji.or.id)及び Facebook(http://www.facebook.com/KAJIers)、 Facebook Group もメンバー間の コミュニケーション手段として活用しています。第2回 KOPDAR の時に、 KAJI の会員はす でに 420 人を数え、その中にはインドネシア、日本、マレーシアおよびその他の国に滞在 している人も含まれています。

2010 年 04 月 17 日、 KAJI という名前はアドホックチームの会議で、 Maltech-jepang の Arnold さんの提案から決定しました。 KAJI は日本語でインドネシア日本同好会という意味 です。 4 月 13 日、メーリングリストにおいて投票を行った結果、投票番号 8 番のその名前 は、英語では Indonesia-Japan Alumni Community と決定されました。

2018 年10月16日の時点で、 KAJI 会メーリングリストのメンバーはすでに 19 68 人で す。将来的にはますますネットワーキングを向上させることができるように心から祈ってい ます